土地を売る前に資産運用とお一人様の老後資金を考えた

老後暮らし

土地の売却に待ったをかけたジルその意図は二点ありました。自分達の老後、さらにはお一人様の老後。

老後にはいずれ一人の老後が訪れることを忘れていませんか?

 

スポンサーリンク

今土地を売る必要性があるのか?

その土地は駅から5分。主要駅まで15分。利便性を考えると、主要駅に近く非常に便利なところあります。小さい家を二軒建てる面積もかろうじてありました。しかも現在地価が高騰している地域です。売るならもう少し後でもいいのでは?

 

さらに売ると言う選択以外のもあるのでは?

というのが二点目でした。自分達も定年後の暮らしを考える必要性があり、豊かな老後のためにはシニアでも働く必要性がありますが、今後は働くか?働けるのか?という事を悩みだした時だったのです。

 

働かないことを選択すると、給与所得に変わるものが必要で、土地を使って家賃収入を得ることはできないだろうか。その家賃収入でローンを返しながら老後資金の足しにする。この二点を思いついたのでした。

 

人生100年時代も視野に入れて

売ってしまうことに躊躇したのは、これまで以上に老後の時間が長くなっていること。老後の仕事として賃貸住宅の管理をする。これも生きがいつくりになる。

 

老後生活資金として不労収入とリバースモ-ゲッジ

これらの事を考え、ジルとしては、二人の老後資金の足しにするために、古家を壊し、一棟は自宅として、さらに一棟は賃貸として、計二棟を建てたいと思うようになりました。

 

今住んでいる集合住宅は既にローンは完済済みで築年数は経過していますが、賃貸に出せます。住宅二軒を賃貸できたら老後に家賃収入ができて、そうなると不労収入ができるのではないか。

 

さらに一人になった時の事を考えると、集合住宅のマンションではリバースモーゲッジできる条件は厳しい。そんな話をしました。

リバースモーゲッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Jump to navigationJump to search

リバースモーゲッジ(Reverse mortgage)とは、自宅を担保にした融資制度の一種。自宅を所有しているが現金収入が少ないという高齢者世帯が、住居を手放すことなく収入を確保するための手段。

 

スポンサーリンク

老後一人暮らしで自立できる環境作り

 

確かに、土地を売ることで老後資金は潤沢になる。二人の老後資金分として補填してくれたら、(そうなったらしてもらうつもりでした)が、今は人生100年の時代。今までよりも長い老後がある上に、再雇用含め労働する必要がない。(うまくいけば)

 

土地を売らずにそこに自宅と賃貸住宅が建つと老後は自宅をリバースモーゲッジすることができる。いずれ訪れる、老後の一人暮らしでも経済的な心配がなくなる。それが戸建と賃貸住宅を建てたい理由だと説明をしました。

 

 

コメント