玄関のドアを選ぶ

使い勝手

狭い家の広い玄関、さてその特徴を活かせる玄関ドアを選ぶときが来ました。玄関ドアは表の顔ですから、ここで倹約はしないと決めていました。もちろんスタンダードが納得できるならそれが一番です。

スポンサーリンク

春と夏の家、特徴はこの広い玄関である

玄関には愛想はもちろん、他には荷物が置けるように、オープンな玄関収納も作りました。この空間に映える玄関扉を選びたい。

25坪の小さいお家のひろい土間。年齢問わずの多目的玄関。
公道が北側にあり、駐車場を道沿いに確保すると玄関は北向きになると想像していましたが、現在進行中の設計...
西玄関の空間作り、狭い家に土間と愛想を置いた。 
下駄箱の希望は上から下までのクローゼット状態で、靴以外の物も入る、大容量の物を考えていたのですが、そ...
シューズクローゼットは小さい物にしてお気に入り探しを始める
皆さんは現在何足の靴を持っていますか?それはすべてシューズクローゼットに納まっていますか? たっぷ...

 

現行プランの玄関ドアは、狭く低いということが判明

スタンダードなプランの玄関の身幅と背丈を確認してみました。がやはり少し狭く低いと感じました。
共に大柄な夫婦です。老後暮らしを想定し、車椅子がなんなく入る広さ、入浴サービスのユニットバスが入ることも考慮しておきたい。

スポンサーリンク

玄関ドアを選ぶときに考えておきたいこと

扉の開き方と、デザイン、機能性を順に検討していきました。

三協アルミのホームページはこちら
alumi.st-grp.co.jp/products/entrance/index.html

開き戸のタイプ

片開きドア-現在のスタンダード

両開きドア-箪笥の扉のように戸板が中心から開くもの

袖付きドア-両側、もしくは片側に明り取りのガラスなどがはめ込められている

親子ドア-事務所の出入り口のように、広い扉(親)と小さい扉(子)の組み合わせ。

引き戸-日本家屋の玄関引き戸

タイプとしてはこのような種類に分けることができました。

デザインタイプとしては

西洋風と和風
飾り、窓、シンプル
色と風合い

求めるべき機能は

防犯について役立つのは、小窓があり人影が確認できる。家の中の明かりがみえることで家族の気配を感じることができる。

防火に対応-既製品なら、ドアの防火はどれも対応しているだろう。選んだ時に標準仕様としての防火機能があるか。今一度確認しておく。

スポンサーリンク

玄関ドアメンテナンス

日頃のメンテナンスは窓や玄関など常に外気と触れ合う場所は劣化しやすく生活の不具合に直結する。

憧れは木材のドアでしたが、天然素材は自然環境に左右される。乾燥や湿気に耐久性の高い物を選んだほうがいいだろう。こうして金属の物が選ばれる理由が理解できました。

玄関ドアは日光により耐色がおこり、表面の加工がはがれてしまったりする。窓と同様、開閉会数が多いと、蝶番やドアクローザーが壊れやすくなり開閉のしづらさにつながる。

西と東にドアが付く。どちらも隣の家と近いとはいえ陽もあたる。現在の北玄関と比較すると、経年での劣化が目立つだろう。そうすると対色性、表面加工の耐久性についても確認しておきたい。

ドアのメンテナンス方法を確認しておく

メンテナンスが簡単であることはとても重要だと思っている。これからの老後暮らしにおいて素直に自分の体と向き合うつもり。年齢と共に感じる退化、老化を認めていきたい。これまでのように何でも自己対応してきた若い時とは違い頼めることは人を頼りたい。そのためには、メンテナンスを理解し、長く使い、扱いを理解し、ここの調子が悪い。そんな機能を人に説明できるようにしておきたい。

標準的なメンテナンスとは

年に二回程度窓の枠(レール)玄関ドアに溜まった埃を取り、水拭き、乾拭きすること。
定期的に窓を開閉するようにするとそれだけでレールに埃がたまりにくくなる。
鍵穴に詰まった歩頃が原因で、鍵が抜けにくくなるケース。掃除機や掃除用のエアスプレイで埃を取り除く。
潤滑剤を使うと逆に埃が詰まってしまうので、NG。カギ専用の潤滑剤(パウダースプレ-)がおすすめです。

美和ロック(MIWA) 純正 鍵穴専用潤滑剤 スプレー 3069S プロ仕様 12ml

スポンサーリンク

住友林業のショールームでドアを選んだが思わぬ事態を経験

ドアにこだわりが持ち、検討しこれと思うものに出会うことができました。
内側に蔵のような格子がついた、重厚なデザインのドアを見つけ、これを付けたい。とひとめぼれしたドア。

ところが、次の打ち合わせで、選んだ商品がすでに廃番であることを知らされました。これには驚きました。何しろショールームに展示されてる商品で、カタログにも掲載されている商品でしたから。

他で探して欲しい、何ならこの展示品でも構いませんとまで言ってしまえるほど気に入ったものでした。商品が提示されているのに、廃番している件に関しては、少し残念に思ったのでした。

そこで再びドア選びをしました。今度は廃番になっていない商品の中から選択します。

選ぶ前に、今一度廃番商品の確認をしたほうがいいでしょう。
カタログ掲載、商品展示はあてになりません。

スポンサーリンク

選んだドア

親子扉。小窓付き。
玄関を解放でき、更に広がりを感じることができるように、親子ドアを選びました。
これで自転車も、ベビーカーも人と共に入ることができます。もちろん車いすも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました